8.22.2017

宝島へ行ってきます。

 2017年8月22日
鹿児島県 屋久島-錦江湾
 
ぽっかり空いたスケジュールを見て、
突然旅立つことに決めた。
前日の宮之浦のお祭りで二日酔いになり、
今日はお休み~とか嫁に話していたけど、やっぱやめた。
 
置手紙を残して、旅立った(笑)
 
屋久島と奄美大島の間に位置するトカラ列島。
トカラ列島は黒潮の通り道。
屋久島も黒潮の島だけど夏を除くと外れていることが結構多い。
それに比べてトカラ列島は常に黒潮がぶち抜いているだろうところ。
そう、黒潮存在をもっと強く感じたい!
 
高速船で2時間ちょっと鹿児島に上陸した。
トカラ列島へは23時の「フェリーとしま」に乗って屋久島を通り越して
約7時間でトカラの最大の中之島へ到着する。
宝島へはそこからさらに南へ3.4数時間。
 
4日間の休みでも島に入れるのは一日ちょっと。
短いけど、真夏のトカラを見たい!
 
プルルルル。
 
「フェリーとしまです」
「本日は悪天候のため運航を延期することになりました。」
 
ええ~。。。。。。。。。
 
鹿児島到着5分にして、旅が終わった!
波2mだったんだけどなぁ。。。
ガックシ。
 
 
港には屋久島を出る時に電話したセクシーコウジとたまきちゃんが待っていてくれた。
フェリーとしまの出港までの4時間で遊んでもらえないかと、電話したんだった。

突然だったのに、遊んでもらえて良かった~。
寝て帰るだけじゃ寂しすぎる!
 

そんな訳でいきなりメインイベント!
 
 
鹿児島のダイビングショップ
 「SB(エスビー)」
5月にフォトセミナーやらスライドショーでお世話になって以来。
ついこの前か(笑)
そこに屋久島にも出没する熱男N氏も!
 
早速入水!
 
たまきちゃんが神々しい。
 
目的はこのタコクラゲ。
今急成長、大繁殖中で見頃を迎えている。
褐虫藻が抜けてしまったようで白くなっているけど、それがまた絵になる!
日中の豪雨で海は濁りまくっていたけど、
そんなのぶっちぎる楽しさだった。
 
2時間遊んで残圧180。
これ最高だなぁ。
大都会の麓で生命の躍動を感じられる素晴らしさ!
これぞ鹿児島だ!
ずぎゅーんときた!!
 
 遊べる友がいるっていいなぁ。
 
朝、皆さん海に行く支度中。
 
「帰るのか~!」
たまき鬼が唸る。
 
はい、帰ります。
 
ありがとうございました。
 
スタバでトカラの本読んで、
気分はバッチリ。
 
 
お土産も買ったし、かーえろ。
鹿児島滞在17時間!

 桜島先輩またね~。

 縄文杉君、ただいま。

なんか残念なものを見るような目つきの人がいる。。。
鹿児島最高だったよ~。


宮之浦フェリー乗り場2階でメリヤスさんの海の生きものぬいぐるみ販売中!
夜光虫君とかナマコ君とかいろいろヤバイ。
嫁さんの雑貨屋(日具)ですね。

ふう。。。

鹿児島のダイビングショップ
 「SB(エスビー)」
 
 
そうだ、ちなみに11月中頃まで
も営業中ですよ~。
 
 
「Face Book」 気軽に申請してください
 

6.30.2017

形になるということ。

屋久島にてダイビング業を再開してアワアワと送る日々。
あわあわしているけど、屋久島ライフはほのぼのと、
心地よい。
 
写真とガイド両方はやっぱり難しい。
集中できない。
でも現状で最善を尽くすのみだ。
 
自分自身が海と向かい合う時間と
撮影した写真で何をどうしていこうか妄想する時間。
その時間を捻出するために、
時間をいかに作るかが大切。
そんな訳で海行ってるか、引き篭もっているかのどっちか。
意外と根暗な生活だったりする。
 
 
これは最近届いた新刊!
旅をしながら写真のやり取りをして出来上がったもの。
 
ワンダーしぜんランド 8月号 世界文化社
磯で子供が遊ぶ様子を撮影。
磯の水中生物(水中・陸上)
これはほぼ全編で写真が使用されている。
そして、磯心をくすぐること甚だしく、
子供にとってはこの上ない一冊だと思う。
しかし残念なことに一般販売はされていないはず。
 
小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類 小学館
大人気シリーズの小学館NEOにウミガメの写真で混ぜて頂く。

生きもののすみか 4水の生き物 GAKKEN
GAKKENのシリーズ本で水の生き物編にて
海の生きもの写真を提供した。
イッチが大喜びで自分に見せてくれるのは鳥の棲家とか
海とは関係ないものばかりだったりするけど(笑)
 
旅の合間に半ば応援してくれるような形での
写真提供でもあったけど、
こうして写真が形になることがものすごく嬉しい。

改めてありがとうございました!
 

5.23.2017

鹿児島 錦江湾と南薩摩の海 鹿児島フォトセミナー

2017年5月20日 錦江湾-沖小島
2017年5月20日     南薩摩-大当




 鹿児島ダイビングコミュニティ企画でフォトセミナーを開催させて頂きました。
夜は「海を歩く」のスライド&トーク。


フォトセミナーでは旅でもお世話になった、
 「海来館」さんと「SB(エスビー)」さんのゲストさんたちと潜りました。
鹿児島の海を盛り上げていこう!という意気込みがビリビリ!
なんていっても鹿児島の海は凄い!
内湾で火山の海の錦江湾に、対馬暖流の当たる南薩摩の海。
この両方を気軽に潜れちゃうなんて贅沢すぎる!!


魚との向き合い方をテーマに講義を1時間ほどして、潜る!
ダイビング後はまた1時間ほど皆の写真を見ながら、あーだこーだ。
水中ではみんなのダイビング、撮影の様子を少々見てあとは
自由に撮影させてもらった。
ほぼ自由行動(笑)


さて、デブリの時間が短かったので補足的にブログを更新しておこう。


2日間ベタ凪で気持ち良すぎた。
初日は錦江湾。


入る前からウキウキする光景。


講義ではアプローチについて散々語った。 
自分でも恐ろしく気をつかった。


ついつい絡まってしまうムチカラマツ。
一切触れずに、ミノカサゴを驚かさないようにそっと。


 アカオビハナダイ
1本目では最高の群れ具合、2本目では深くて散漫。
これもまたアプローチ方法や魚の生態を知ることで変わってくる。


ぷかぷか、いた~!
と何やら楽し気なお昼。



夜はスライド&トーク。
思い出のレブノン解説中(笑)



なにかに喜々とする稲垣さん(笑)



そしてそして、サプライズでこんな素敵なものを作ってくれていた!
売り子の超絶な押しもあって、用意してた20冊が完売。(足りない~)
嬉しいなぁ。
ついでに豊饒の海(屋久島)も売れて嬉しい~!



2日目は南薩摩の大当へ。
朝5時に起きて、ミジンベニハゼのハッチアウトを狙いに!
3ペアのハッチアウトか!!?
と思われたけどいずれも前日に終わっていた。
惜しかったなぁ。
どきどきして寝れなかったという人もいた。
結果としては見れなかったけど、
そんなこんなも含めて良い思い出や経験になると思う。


このミジンちゃんは撮影枚数2枚。
じっくり向き合うのも大事だけど、素早くアプローチして撮影することも大事。


 ゾウクラゲさまプカプカ。
水面は繊細なところ。
やさし~くね。


イロカエルアンコウ
擬態がうまくて、分かり辛いな~。
カエルアンコウ類のかわいさであるヒレを意識して撮影。

 分かり辛かったので、顔のアップも切り取ってみた。


シコロサンゴの中でいちゃつくマツバスズメダイ。
婚姻色が超絶に美しく見とれてしまった。
20分ほど ふわふわしながらサンゴ上で撮影。
重要なポイントはなんだっけ?


ウミシダがたくさんあった。
女性が多かったのでメルヘンを狙っている人も多かろうと、数枚撮影。
これは前ボケがポイントですね。


みなさんじっくりと向き合っていたイトヒキベラ。
ビシッと決まってましたね~。
自分も負けじと中層でイトヒキベラ撮影。


最初の1枚。


2枚目。
 生物によって寄り方、待ち方は色々。


 ハリセンボン
良く見る光景だけど、すぐに逃げちゃうことが多い。


モニターを用意してくれていたけど、メモリーを読み込めなかったので、
こんな絵に。なんかそれっぽい(笑)
一人だけそれっぽくない。。。


あっという間に過ぎ去って~。
3泊4日の鹿児島滞在終了~。





帰りの朝。
集まってくれた皆さまどうも有難うございました!


やっぱり鹿児島は最高でごわす~(笑)





「Face Book」 気軽に申請してください

4.19.2017

写真絵本「海のぷかぷか」刷了!

2017年4月19日
屋久島


頻繁に東京には行けないなぁ。。。
なので今日は祈っていた。


皆さまありがとうございます!




、、、無事刷了~!!
良い感じに仕上がったと聞いてホッと安心。
後は製本されて書店に並ぶのを待つのみ!




「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの 
アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)

海の魅力が凝縮された水面という空間に、
ぷかぷか暮らす不思議でかわいい生き物たち。
そんな子たちが集まって、ぷかぷかワイワイしております。
「うわ~!」という感動から海や自然への
思いが少しでも生まれてもらえれば幸いです。


子供向けの本ではありますが、
大人まで楽しめる一冊になっております。


と、大人しか見ていなブログなので書いておりますが、
やっぱり子供に見てもらいたい一冊です。


でも、やっぱり大人でも楽しめる一冊となっております、、、(笑)
大人しか見ていないブログなので。


発売は5月17日発売です!(たぶん)
アマゾンで予約受付中です!




デザインは倉沢栄一さんの「日本の海」(旅のお供でした!)
を担当した椎名さん!ひょえ~。。。
企画編集をして頂いた、ポーキュパインの寒竹さん、川嶋さんには
感謝ばかりです!
そして出版させていただくアリス館さん、担当の山口さん、
これまた感謝ばかりです!
そしてそして印刷を担当して頂いた印書館の高柳さん。
画像調整から印刷まで、プロの仕事とはなにかと
教えて頂きました。凄い、、、!


たくさんの方々とご一緒にこうやって一つの本ができることが嬉しく
、感動的でもあります。
この本が世の皆様にとって、有意義であることを願うばかりです。


あっイラストは嫁さんがやっております。
これももちろん感謝ですね(笑)


あ~今日はビールが美味い!



「Face Book」 気軽に申請してください

4.17.2017

東京から屋久島へ。


2017年4月17日
東京-屋久島
池袋~。

マリンダイビングフェア。

ガイド会のメンバーと懇親会!

あ~いつも光景だ。

ハイボールが、、、1,2,3,4,5,6。
うん、いつもの光景だ。


翌日はフラフラのまま東京を巡り、夜には北の会に参加させてもらう。 

不安だったスライドも楽しんでもらえたようで、ホッとした。

翌日はフラフラのまま、東京を巡り、、、夜はガイド会ライブに参加させてもらう。

これまたスライドショーを見てもらう。

ふ~。

なんとか慌ただしい東京ライフを乗り越えた。

心残りはラーメン部に一日しか参加できなかったことだろうか。 

 

 

 
屋久島~。
いっち!
ただいま~。

縄文杉くん
これいいなぁ。

旅を終えて、今後に向けてやらなきゃいけないことがいっぱい。

でもひとまずは屋久島で家族とものんびりしたい。

今日は縄文杉くんと嫁とランチを食いに行ったり、イッチとチェスしたり、
まぁ潜ったり。。。

今年はまたやりたいことがいっぱい!

ガイド業も復帰して忙しいし、けど新たな目標もできた。

まぁ頑張りますか。

















「Face Book」 気軽に申請してください

4.01.2017

沖縄編・石垣島 旅は続く? 48日目


2017年3月28日
石垣島-横浜
晴れ 水温23.5℃ 透明度25m
石垣の夜明け

お世話になった漁師さんに挨拶と思ったけど、
出港していた。
早いなぁ。

友哉さん、ひろみさん!
長い間お世話になりました!!

多羅尾さん!
最後までとんだお騒がせでした(笑)

沖縄でお世話になった皆さま。
ありがとうございました!

石垣から羽田までたったの2時間(?)
あっけないなぁ。

羽田周辺の海を上空から見て興奮した。
車旅の時に、東京湾で潜ろうと何度も何度もグーグルアースで
見た景色。
やっぱり生の眼で見ると違うなぁ。

どんなに便利な世の中になって、情報が溢れても、
体感するということは大事なこと、
と、今回の旅で良く思った。
 
2016年の3月1日に出発したからもう一年以上経つのか。。。
イッチの誕生日を2回もお祝いできない、、、。

毎日がいっぱいいっぱいで、
とにかく今は日本の海辺を体感してきただけ。

これから自分にできることをしていこう。
イッチの誕生日2回飛ばしても余りある価値のある何かを、、、。

ひとまず今回の旅はこれでおしまい。
でも、それは新たな旅の始まりでもある。
より熱い海の旅のはじまり。

知れば知るほどに、知らないことが増えてゆく。
そんな海だから、海の旅は終わらない。

羽田。
なんか見たことのあるパーカー。

僕は隣のが欲しかったなぁ、
なんて失礼なことは思ってない(笑)

しばし実家で暮らしつつ、ウロウロしてます。
4月7日と8日は池袋のマリンダイビングフェアに参加してます。

に出演します。
「海を歩く」のスライドショーを流しますので、是非ご参加ください。
「ガイド会ライブ」はあと少し空きがあるようです。



昼は主に油売ってます。















「Face Book」 気軽に申請してください