10.18.2017

トカラ列島潜り③ 小宝島編

 2017年9月30日-10月1日
鹿児島県
屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島

随分と遠回りしたなぁ。
遂に目的地の小宝島!

予期せずしてトカラ列島を行ったり来たりすることになったけど
おかげでこの海域の特徴がなんとなく掴めた。


 

海が、海がぁ~!!
青い!!!
宝島と小宝島の海の色はとにかく美しい!
海底がサンゴ由来の砂だから白い。
海は明るく輝いている。
ネットで情報を調べると誰もが
宝と小宝の海の色が美しいと絶賛している。
だから、黒潮もさぞ当たりが良いのだろうと思っていたけど、
黒潮とは関係がなかった。
黒潮は悪石島以北がメインの流路のようだ。

宿は湯泊荘。
雰囲気がビリビリと襲ってくる感じ(笑)
話し好きのおばぁが小宝の昔話を色々と教えてくれた。

 
陸上の植生も、地質も他のトカラとはまるで違う。
写真は隆起サンゴとトカラ牛。
 
 一周歩いて20分くらいの小さな島。(自販機1台あり!!)
自転車にカメラ載せて出発~。
 
地元の潜り人に良さそうなスポットを教えてもらった。
 
 海中から温泉が湧き出してる!!
潜水中に聞こえる
プチプチと温泉が湧き出す音が心地よい。
 
 多種多様なサンゴが散らばる海底。
白化は目立ったけど、たぶんギリギリ大丈夫。
 
潜った後は温泉~。
普通の露天の温泉の後に、
この秘境感剥き出しのマショの湯にも浸かってみた。
 
これ、結構地味な作業なんだよなぁ。。。(笑)
 
なんだか豪華なご飯!
ここも当りだなぁ。
翌日に船で一緒だったオジサンに
この食事を見せたら絶叫してた。
「俺が言った時は3食ソーメンだったのに。。。」だって。
これはトカラあるあるなのだろうか。。。
 
滞在できる時間は17時間。
全力で周ったなぁ。
島3周。
夜空もキレイ。
 
あ~良く動いた。
諏訪之瀬島比で3倍の動き(笑)
 
朝4時からおにぎりを握ってくれた。
お世話になりました~。

カツオドリと中之島

トビウオを狙うカツオドリ

 口之島の漁港
最後の最後になってようやくの天気!
おそ~い。
でも気持ちい~! 

はい、鹿児島。
ラーメン食って、帰りましょ。
 
ただいまぁ。
トカラ行き、海況も天候も微妙だったから悩んだけど
行って良かった。
現地に行かなきゃなにも分からない。
 
さて、来月はあの島へ行くぞ!
こうご期待!?
 

10.10.2017

トカラ列島潜り② 諏訪之瀬島編

 2017年9月27日-29日
鹿児島県
屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島
 
今回の旅の道具。
・カメラとハウジング
D610にアンティスのハウジング。
レンズはnikon 14-24mm
イノンのストロボ。
合計8キロくらい。
・ペラペラの5mmウェット。
ウェイトなしだとちょい不愉快で近所のおニイちゃんに2キロ借りた。
・クレッシーのプラフィン
 
カメラがとにかく重い。
これを担いで毎日1-1,5キロくらい歩いて海へ。
帰りは山道。
カメラ以外は最軽量化したので、結構大丈夫だった。
 
プラスチックフィンは日本では人気が全くない。
この、2,3か月使い込んでみて、
結構好きになった。
 
ダイビングでは足が軽いのでサンゴの上で
ホバリングしながら撮影するには最高。
ピタッと止まれる。
重いゴムフィンだとどうしても足が下がってしまう。
南の海のダイバーには特におすすめ。
蹴り心地はダイビングにおいて、上々。
スノーケリングに関しては、、、今一つ。
フィンが軽い分ダウンキックに力が必要。
逆にアップキックは爽快。
水面では抵抗が強く、少しストレスを感じた。
 
今回は素潜りの旅。
だから最適とは言えないけど、
十分に泳げる、なによりとんでもなく軽い!
 
フィン一つで随分と快適な旅になった。
問題はやっぱりカメラだよなぁ。。。
 
 
am5:00
小宝島出発!
 
 
北上すること5時間。
諏訪之瀬島に到着!
 
なぜ諏訪之瀬島に来ることになったのかを
説明すると長くなるので割愛。
旅っぽく流れのままにって感じかな。
 
ここは人口70人ちょっとの火山島。
自動販売機2つ!
観光名所ほぼ?なし。
あっ滑走路あり!
(昔ヤマハのリゾート化計画があった名残)
 
この島に3泊。
のんびりした島。
トカラ牛の牧場が良い。
まぁ、普通に観光すると半日でお腹いっぱいかな(笑)
 
海は集落の東と西の港周りでなんとか泳げる。
 
こんな道を歩いていくとに西に元浦港。
東に切石港。
 
元浦港の脇には大きな貨物船?
 
おお。。。
座礁してる!
今年の2月頃に座礁してそのままだとか。
 
もちろん気になって仕方がないのでこの船の周りで泳いだ(笑)
 
港周辺が一番サンゴが華やか!
白化のお蔭でより美しい。
ここの白化もギリギリのところで持ちこたえそう。

元浦港周辺ではカスミアジが多い。
200匹くらいの群れや、大型の単独個体に何度も会えた。

ウメイロモドキやその他タカサゴ系の群れも。
ず~っと泳いで沖へ出ていくと、海底が見えなくなったり、
潮が早くなって来たりで、ちょっとドキドキ。
 
浅瀬の魚類層は屋久島や三島に似ている。
薩南諸島っぽい。

島の東側は火山島らしい黒々とした海底。
黒いテンスがいた。
初見の魚か!?と興奮したけど、
たぶんハゲヒラベラ。
屋久島では白っぽい色だから全然分からなかった。
むしろこっちの方が興奮かも。
 
トサカハギ!
屋久島ではほぼ見ないなぁ。
トカラ来ましたよ~感があった。
 
民宿のご飯
有難く、「頂きま~す。」
島では3度の飯と
持参のピーナッツ以外何もない。
 
島には大名竹が鬱蒼と茂っている。
 
トカラ牛。
のどかだな~。
 
諏訪瀬島唯一のせ専業の漁師さんにお話を聞きに来た。
 
トカラは釣り人の憧れの地でもある。
クエやロウニンアジなどの日本記録もこの辺り。
 
これは当時の記録だと聞いたけどデカイ。
 

 黒潮を求めてこのトカラをウロウロしているけど、
情報や予想とはやっぱりちょっと違った。
「ガジャはいつ行っても青いよ!」
トカラを縦横無尽に駆け回る漁師さんの言葉は重いなぁ。
呪いの言葉のように脳裏に焼き付いてしまった。
 
さて、お次は本命だった、、、小宝島だ!
 

10.04.2017

トカラ列島潜り① 宝島編

 2017年9月25日~10月2日
鹿児島県
屋久島-錦江湾-宝島-諏訪之瀬島-小宝島


8月に行けなかったトカラ列島。
今回こそ!

吐噶喇!

前回に同じく屋久島から鹿児島へ渡り、
僅かな隙に錦江湾で泳いだ。
しかしそこは、、、割愛。
た、たまき様すいませぬ。。。
 「SB(エスビー)」 さんにお世話になりました。
超わがまま放題でごめんね、、、(苦笑)
 


23時出港
「フェリーとしま」 で南下開始!


夜明け前にトカラの玄関にあたる口之島に到着。
それから中之島、諏訪之瀬島、平島、悪石島、小宝島と寄りながら宝島へ。


道中の楽しみはこの人。
船に驚いて飛び出すトビウオにカツオドリが襲いかかる。

なんだかんだで船に乗った時間が30時間以上あったので
しばしば観察できた。
しかし思うような写真はなかなか撮れない。
時期的な問題もあって飛魚が小さかった。
他にはオキゴンドウと思われるクジラも見ることが出来た。

今回の旅は海も人もいろんな出会いがあったけど、
一番キタのはカツオドリだったかな。
超カッコイイし。
ず~~~~~~とカツオドリ見てた。

ご先祖様はプテラノドンに違いない。


13時間、宝島に到着!
と、同時に

激しい雨~!!!

え~。。。

「民宿トカラ荘」に着くとまずはお昼ご飯。(食いかけ↑)
トカラには食堂は存在しない。
なので民宿は1泊3食付き。


ソーメンチャンプルにご飯に、マカロニサラダ。
って全部炭水化物だし!(笑)


時間がないので早速海へ!

途中に出会ったネコ。
左の子は顔が腫れぼったい。
なんとトカラハブに噛まれたんだとか。

そうだ、ここから南にはハブがいるんだ。
生物地理区の分かれ目が小宝島と悪石島の間にあって、
海も陸も景観がガラッと変わる。
陸上では特に動植物が全然違う。
雰囲気は沖縄。


今回は素潜りの旅。
そして歩き。
重いカメラと軽器材を背をって1キロちょっと歩く。


海の前にまた足止め。
トカラヤギ。
かわいい。。。


ようやく海!
大籠(おおかご)海水浴場。
海の様子を聞いたけど大体島の周りは
どこも似ているとのことだった。

宝島はサンゴの島だけど
沖縄と違ってリーフが発達してないのですぐに沖に出れた。

お魚いっぱい。

白化して色とりどりになったサンゴが広がっていた。
今年は陸の気温も水温も異様に高かったらしい。
 
驚いたのは去年は白化現象はなかったということ。
沖縄が去年あれだけ白化していたのに、
トカラではどこも、そんなことはなかったらしい。
ちなみに屋久島も去年は結構白化してた。

 白化してピンクになったサンゴ。
 

 トカラ一品ぞろえが良いとの評判の商店。
営業時間短っ!


トカラブログ1回で完結させようと思ったけど
流石に厳しい。

トカラ編、続く。
 
 
「Face Book」 気軽に申請してください
 

8.22.2017

宝島へ行ってきます。

 2017年8月22日
鹿児島県 屋久島-錦江湾
 
ぽっかり空いたスケジュールを見て、
突然旅立つことに決めた。
前日の宮之浦のお祭りで二日酔いになり、
今日はお休み~とか嫁に話していたけど、やっぱやめた。
 
置手紙を残して、旅立った(笑)
 
屋久島と奄美大島の間に位置するトカラ列島。
トカラ列島は黒潮の通り道。
屋久島も黒潮の島だけど夏を除くと外れていることが結構多い。
それに比べてトカラ列島は常に黒潮がぶち抜いているだろうところ。
そう、黒潮存在をもっと強く感じたい!
 
高速船で2時間ちょっと鹿児島に上陸した。
トカラ列島へは23時の「フェリーとしま」に乗って屋久島を通り越して
約7時間でトカラの最大の中之島へ到着する。
宝島へはそこからさらに南へ3.4数時間。
 
4日間の休みでも島に入れるのは一日ちょっと。
短いけど、真夏のトカラを見たい!
 
プルルルル。
 
「フェリーとしまです」
「本日は悪天候のため運航を延期することになりました。」
 
ええ~。。。。。。。。。
 
鹿児島到着5分にして、旅が終わった!
波2mだったんだけどなぁ。。。
ガックシ。
 
 
港には屋久島を出る時に電話したセクシーコウジとたまきちゃんが待っていてくれた。
フェリーとしまの出港までの4時間で遊んでもらえないかと、電話したんだった。

突然だったのに、遊んでもらえて良かった~。
寝て帰るだけじゃ寂しすぎる!
 

そんな訳でいきなりメインイベント!
 
 
鹿児島のダイビングショップ
 「SB(エスビー)」
5月にフォトセミナーやらスライドショーでお世話になって以来。
ついこの前か(笑)
そこに屋久島にも出没する熱男N氏も!
 
早速入水!
 
たまきちゃんが神々しい。
 
目的はこのタコクラゲ。
今急成長、大繁殖中で見頃を迎えている。
褐虫藻が抜けてしまったようで白くなっているけど、それがまた絵になる!
日中の豪雨で海は濁りまくっていたけど、
そんなのぶっちぎる楽しさだった。
 
2時間遊んで残圧180。
これ最高だなぁ。
大都会の麓で生命の躍動を感じられる素晴らしさ!
これぞ鹿児島だ!
ずぎゅーんときた!!
 
 遊べる友がいるっていいなぁ。
 
朝、皆さん海に行く支度中。
 
「帰るのか~!」
たまき鬼が唸る。
 
はい、帰ります。
 
ありがとうございました。
 
スタバでトカラの本読んで、
気分はバッチリ。
 
 
お土産も買ったし、かーえろ。
鹿児島滞在17時間!

 桜島先輩またね~。

 縄文杉君、ただいま。

なんか残念なものを見るような目つきの人がいる。。。
鹿児島最高だったよ~。


宮之浦フェリー乗り場2階でメリヤスさんの海の生きものぬいぐるみ販売中!
夜光虫君とかナマコ君とかいろいろヤバイ。
嫁さんの雑貨屋(日具)ですね。

ふう。。。

鹿児島のダイビングショップ
 「SB(エスビー)」
 
 
そうだ、ちなみに11月中頃まで
も営業中ですよ~。
 
 
「Face Book」 気軽に申請してください