4.16.2018

「海のぷかぷか」ミニ写真展!

4月16日

今日は新刊の色校が届いてうきうき。
良い感じに仕上がってきていると思う。
あと一押し。
こんな作業を屋久島でやれてることに幸せを感じる。
協力してくれている皆さまのおかげ。




今回の告知はそれとは別で
「海のぷかぷか」ミニ写真展!

場所は横須賀の絵本屋さんのカフェです。

小さな展示ですが。
かわいいぷかぷかたちが登場します!

是非ふらりとお立ち寄りください!









4.09.2018

ジュゴン。

2018年4月9日
フィリピン・ブスアンガ

久し振りの更新になってしまった。
この冬は北へ南へと旅をした。
葉山(神奈川)、志津川(宮城)、男鹿(秋田)
、小笠原、フィリピン。
一応、今回の旅で日本の海編を一区切り。
今年中にこの旅をまとめて、来年には形にしたいな。
ここのところは毎日そのまとめ作業。
全然はかどらない。
まとめきれのか。。。

写真は取材で行ったフィリピン・ブスアンガのジュゴン。
ツアーは「ワールドツアープランナーズ」さんで催行してます。
このフレンドリーなジュゴンにいつまで会えるのか
わからないので気になる人は早めがおすすめですよ。

そして今回の取材は
10日発売の「マリンダイビング5月号」で7ページの特集になってます。
楽しかったなぁ〜。


しばらくは「屋久島ダイビング日記」にてブログを更新かな。
一応、、、1日1枚で写真が載ってるはず。

ではでは。







3.01.2018

東京都・小笠原 旅の締めくくり。

2018年2月21〜3月2日
東京都・小笠原
父島・母島

お世話になったお店

久しぶりの投稿。
旅をしながらブログを書く生活に疲れてしまったっぽい。
でも今日は〜海を歩く〜の旅を始めて丸2年!
あれから2年も経ったんだなぁ。
半年間の屋久島でのガイド期間があったとはいえ
この2年間は誰よりも日本の海を潜ったと思う。
それでも潜れていない場所は数知れず。
でも絶対にここだけは外せない!
と思っていた場所が小笠原諸島。

来てみて感じたのはやはり、、、きてよかった!
本当に良かった!
あいにくの天気が続いたけど、撮りたかったものも
7〜8割は撮れたと思う。
屋久島とも沖縄とも全然違くって、
ザトウクジラは探す必要がないほどに多いし、魚の量も凄い。
圧倒的なスケールの自然でありながらも、多様性はそれほど高くない。
種類よりも数、そして固有種の多さが際立っている。
日本の海とポリネシアの海を混ぜたようなところ。
ポリネシア行ったことないけど(笑)

昨日は母島で潜ったけどあまりにも楽しくて母島に延泊!
しかし、今日は時化。。。
だから、のんび〜り、時々カタツムリ撮影。
明日で小笠原は最終日。
十二分に満足したけどまだまだ潜りたい!
また来なきゃだな〜。


写真はミズタマヤッコ。
小笠原諸島の固有種。
父島では50mくらいにいるらしく観察は困難。。。
それが母島では25mにいた!
こんなにこの魚に苦労させられるとは思わなかったなぁ。
窒素も限界になった頃に発見したので数カットしか撮れなかったけど、
嬉しい〜。
一緒に潜ってた二人はクジラを2回も見たって言ってたけど
それでも満足だ〜!

さて、ひとまず旅始めから丸2年の今日で、いや明日で、
この旅も一区切り。
各地でお世話になったり迷惑をかけたり、色々とあったけど
ただ無茶苦茶に旅をしただけでは終われない。
これを本にまとめて、忘れられないうちに世に出したいと思う。

お世話になった皆様本当にありがとうございました!!


1.25.2018

クジラに逢う日、

旅立ちを前に。
5mmのウェットに、6.5mmのカブリに、ドライスーツ。
フルフットのプラフィンに、
ゴムのフルフットフィンに、ドライ用のフィン。
暖かいところに、寒いところに、ほど良いところ。
それぞれ行くので大荷物になって収拾がつかない。
やりたいこともそれぞれ違って、プチパニック。
準備が多岐にわたり数日がかりで、出発前からヘロヘロ。
なんだかなぁ。
早く潜りたい。
 
さて写真は久米島で初めて行ったときに出会ったザトウクジラ。
初めて遭遇した時のあの感動を思い出すなぁ。
今シーズンは久米に行けないくて寂しい。
 
近頃屋久島でもザトウクジラの情報が頻繁に飛び交っている。
大体12月から見られ始めて3月くらいまで目撃されている。
この10年くらいでそれが当たり前の季節変化になったけど、
それ以前はめったに見られなかった。
と漁師さんが教えてくれる。
屋久島はクジラが南へ行くときの通過点と言われているけど、
それも一昔前の話かもしれない。
奄美でも子育てのクジラが増えてきてると聞くし、
屋久島でもひょっとしたら子育てをしているのかもしれない。
温暖化やザトウクジラの生息数の増加もあるので今後に期待が持てる。
 
クジラが増えすぎて魚がいなくなると、
都市伝説のように言われているけどそうは思わない。
そりゃあクジラは魚を食べるだろうけど、一昔前の
日本にはクジラがウヨウヨいたと本には書いてある。
そして魚もウヨウヨいたと。
バランスを崩しているのは人間であって、責任転嫁はよろしくない。
魚もクジラもいっぱいの海、見れるかなぁ。
 


1.14.2018

飛び始め~フライイング・ビーグル号~

新しいおもちゃ(ドローン)を手に入れた!
さっそく名前をつける。
フライング ビーグル号!
いきなり家の中でぶつけちゃってゴメンね。。。
 
 
この1週間屋久島の冬の本気を味わった。
毎日アラレがカツンカツン降る。
家出好きのニャタロウが家から出ない。。。
 
ようやく天気が回復したので、一湊で飛んでもらった。
 
われらが一湊、矢筈岬
苦労して一湊の山に登ってもこんな絵撮れなかったなぁ。
ビーチから楽々撮れた。
でもちょっと飛ばし過ぎて、信号が途絶えて
結構焦った。。。
岬は曲がっちゃダメだね。。。
帰ってきてくれてありがとう(涙)
 
ホームグランドのタンク下
ドローンは映像の記録だけではなくポイント調査にもかなり有効。
ちなみに写真左側がタンク。
屋久島のポイント名の安易なこと。。。
 
飛行は安定してるけど、良い映像を撮るにはかなり練習が必要そう。
今年の冬は勉強ごとが多いな。
妄想はたくさんあるので、まぁがんばりましょう。

12.31.2017

潜り納め。

12月31日
屋久島 一湊
透明度20m 北西・波1.5~2.5m
年末に穏やかだなんて、珍しいと思ってたらやっぱり時化に。
潜ってる途中から揺れる揺れる。
写真も全然撮れてない。
 
写真はベタ凪だった昨日のもの。
水温が戻ってくると同時にクラゲもたくさん。
そこに紛れて、カレイの幼生!!
1匹見つけて追いかけていたら、フラフラと泳いで違うクラゲへ。
そしたらなんと、もう1匹!!
しかも写真を見返して気が付いたけど、違う種類だった。
 
2匹になったのはほんの一瞬で3枚しか撮れなかったけど興奮したなぁ。
突然やってくるこんな出会いがたまらない。
また来年もこんな出会いがあることを願って。
 
それでは、良いお年を!!!
 

12.30.2017

水中無脊椎動物の夜明け!

屋久島
12月30日 一湊
透明度20-30m 水温21.7℃ 西の風・波1m
 
猫と戯れて、潜って、カタカタして、ネコと寝る。
家族も友達も帰省して一人の年末。
でも新しいおもちゃを手にして、結構楽しんでる。
 
INONより新発売のストロボ、Z-330が届いた!!
けど今回はクローズアップレンズ「UCL-90 M67」のご紹介!
まぁ感動した。
浦島いたる気分ですな。
 
実はクローズアップレンズあまり好きじゃなかった。
撮影倍率は上がるけど、ピントが合い辛いし、
重いし、画像は荒れるし。
トリミングでいいじゃん派だった。
今のカメラならトリミングでも画質もそこそこ良いし、
ピントは奥行きもあるし、何よりクローズアップレンズを
付けることで失われるシャッターチャンスがない。
 
生態シーンを逃すことほど、悔しいことはない。
だからクローズアップレンズなんて!!
って思っていたのは昨日まで。
時代は飛躍的に進歩していた。。。
よく考えたら、取り付け式のクローズアップレンズ使うの
コンデジ時代以来だった(笑)
余裕で10年経ってるし。
 
「あの~ピンと合いませんけど!?」
ってことが一切なかった。
テレコンと違って露出は暗くならないし、
最短撮影距離も程よいし。
そして一番気になっていた画質は、、、
最高です。。。
もうトリミングで十分なんて言っている人は
あれだな、北京原人。
うん。
 
撮影倍率は6倍!(面積比かな?)
タムロンの90㎜仕様での数字で
105㎜なら8倍だとか。
それでこの撮りやすさなら、ケチのつけようがない。 
うんちくは良いから早く写真出せと
言われそうなので、、、。
はい。
 
ヒドロ虫の仲間(トリミングあり)
しまったいきなりトリミング作品。。。
クローズアップレンズで撮影したものをトリミングすることで
肉眼では楽しめない領域へ!
 
ホヤの仲間(トリミングあり)
ここはどこ?
 
 
ホヤの仲間(トリミングあり)
なにこれ、、、。
 
ホヤの仲間(トリミングなし)
 
 小さなホヤだけどちゃんと顔がある。
 
オキナワベニハゼ(トリミングあり)
 ボケ味も良い感じ。
 
 チゴケムシ・外肛動物(トリミングあり)
最近は実ははまってるのはコケムシ(笑)
 
コケムシの仲間とホヤの仲間(トリミングなし)
枝分かれしてるのがコケムシで背景はホヤの仲間。
 
コケムシの仲間(トリミングあり)
モフモフしてた。
 
今回使用したのは「UCL-67」
そして数日前?には新たに
「UCL-90」というものが発売された!
これは倍率を少し下げて取り回しをより良くしたもの。
105㎜レンズを使っている人には、いいと思う。
試してないから何とも言えないけど。
 
 
 
まだ2ダイブしか使ってないけど 、
新しい世界が見えたな。
冬の遊びには欠かせないレンズとなりそう。
繁殖期の卵祭りにも活躍してくれそう。
 
あ~たのしい。